海外人種差別体験記(超絶)

海外人種差別体験記(超絶)

海外では人種差別が盛んです。日本国内でも差別はありますが、海外の人種差別は、はっきりいってかなりエグイです。

日本人は世界的に見て、かなり大人しい気質なので、差別といってみても、せいぜいネット上で書き込まれたりする程度のかわいいものが多いですが、海外では、本人の目の前で、堂々と露骨な人種差別をしてくる人間の比率が圧倒的に高くなります。

なぜ人種差別が海外で酷いのか?

外国人には、日本人のような「恥の精神」は皆無のため、自分の感情、想いを直截的に表現してきやすい。だからこそ、海外の人種差別も強烈なものになっていきます。

正直、この記事を読むと、気分が悪くなったり、トラウマになる人もいるのでお勧めはしません。

「しかし」なのですが、海外で生活している日本人の方や、これから海外に行こうと思っている人へのエール的な意味合いも含めて記事を書いています。 

私が海外へ行った経緯

私はワーキングホリデーでオーストラリアに行き、当地で働いていました。オーストラリアの様々な場所、地域で働き、ヒッチハイクでオーストラリア全土を一周しました。

オーストラリア人は親切な人が非常に多く、人種差別にあったもしくは嫌な経験をしたという記憶はほとんどありませんでした。(たまたま会った人たちが良い人ばかりで運が良かったのかわかりませんが、オーストラリアでも人種差別は普通にあるそうです。)

ちなみに、当時の英語力はそこそこあったので、相手が何を話しているのかは理解できていました。

そのため、「海外の白人は人間が日本人より人格的にできている」と、このときは正直に心の底から実感したモノです。

ところが、です。

アメリカで人種差別を知った

オーストラリアには約2年いました。差別も感じませんでした。しかし、その後に行ったアメリカ合衆国という国はオーストラリアとは、全く持って様相が違っていました。

汚い言葉でそのときの実感をそのまま表現しますと、「アメリカ合衆動物園」という感じです。

ここで、人種差別という概念をはじめて私は知りました。まず、私はサンフランシスコ(カリフォルニア州)に住んでいたのですが、超差別的なアメリカ人たちに毎日毎日腐るほど遭遇しました。

すなわち、外出するたびに、ごちゃごちゃ差別用語を私に向けてほざいてくる腐れアメリカ人ども※に会ってきたわけでした。(※差別をするアメリカ人だけに向けていっています。)

 [アメリカ合衆動物園]

正直、ぶち●したくるなるように思えたほどです。

たとえば、ストリートを歩いていると、すれ違いざまに「Fuck Off!」と何もしていない、私に向けていってくる奴が異様に多かった。

「は?」意味不明です。何がしたかったんでしょうか(笑)

また、レストランへ行っても、「店員がいつになってもこない。」
呼んでいるのに、「露骨に無視し続けてくる。」日本ではありえない接客態度で、これもまた明らかに差別的な様相を呈していました。

また、バス(グレイハウンズ)の旅券売り場の窓口スタッフも「どこそこまでのチケットはまだありますか?」と質問しても、「無回答。」
完全無視です。
「うんともすん」とも言わない。

正直、「お前、遊びに来てるの?それコスプレ?」と某有名人の発言をそのままいってやりたかったですね。
こんな毎日が延々と続いたので、ガチでムカついてきました。

それで、とうとうピキった。

人間、我慢には限界があります。

とうとうキレた!

私は昔から一度キレると手が付けられなくなる性格で、当時はまだ若く、中二病も卒業していなかったので、たとえば、すれ違いざまに、「Fuck You!」だとか暴言を吐かれたら、「いちいちそいつの顔面に唾を吐きつける」「暴言を浴びせ続ける」「粘着し続ける」という野蛮な行動に出始めてしまいました。

つまり、私への差別や侮蔑の加害者に対して粘着して、あとを付きまとい、罵詈雑言(Loser!を連呼する)を浴びせ続けながら、唾を相手の顔面に浴びせたり、暴言を浴びせ続けるということをし続けました。

あるときは、ホテルに滞在していた折、「日本人がどうこうちゃら」と明らかに侮辱行為を3人のアメリカ人たちがほざいてきて、嫌がらせを私にしてきました。

ムカつきました。

「キレました」

ホテルから人種差別主義者を追い出す

その3人組のアメリカ人の女だったのですが、私はまた「粘着しました」

そいつらの部屋のドアの横の壁、大声で罵詈雑言を繰り返しながらバンバン蹴り上げ、一日中嫌がらせをし続けました。

ビーで出会っても、英語で「キモイんだよクソババア。氏ねや。」といい続けたら、そいつらが「女性に向かってそんな酷い言葉を向けるべきでない」と正論を言ってきたので、じゃあ男性に向かって「同じようなことをいうお前らは何なの?」と正論で返したら黙りました。

そして、「失せろ、敗残者度もめ」とまくしたてたので、そいつらは、即日退去しました。
ホテルのフロントの従業員の人たちと仲が良かったので話を聞くと別のホテルに移ったそうです。

「よし、ざまぁ!」

リアルストリートファイトへ発展

しかし、こういうことをやり続けたせいで、リアルストリートファイトに発展したこともあります。

これはかなりヤバい話なのですが、夜の街を歩いていたら、メキシコ系アメリカ白人二名が絡んできて、私に人種差別発言をしてきました。具体的には「Jaaaap!」「Yellow Monkey!!!!」「Chino!!!」などと矢継ぎ早にチンパンイングリッシュでいってきました。

私は身長が173㎝と海外では小柄な方なので、「なめられた」のだと思います。

しかし、このとき、私の血管は音を立ててぶちぎれました。
ムカつきました。

ビール瓶を投げつけるという蛮行

なんと私は、手元にあったビール瓶を、連中の方へいきなり投げつけました。瞬間湯沸かし沸騰器のごとく、いきなりビール瓶を思い切り投げつけていました。瓶はもちろん奴らの真横で「パリン!」と大きな音を立てて割れ、炉端(ろばた)へ拡散していきました。

(今振り返ってみて、流石にこれはやりすぎたと思っています。(ただの馬鹿))

無論、意識的に当たらないように投げたのですが、奴らはこのことで、「流石にこいつはヤバいんじゃないか」と思ったようで、「私ごときにビビッて」逃げていきました。

私は武術の経験を積んでいたので、ブルース・リーではありませんが、「怒るとかなり凶暴な性格になるのが常で」あったわけです。筋トレもしていたので、テストステロンレベルが高かったのだと思います。

(今では瞑想の経験を積むことで、自己コントロールができるようになりましたが。。。)

ちなみに、その後、アメリカ国内でストリートファイトを繰り返したせいで、暴力が原因で拘置所送りになったこともあります。幸い、そのときは一日で出る※ことができましたが。(※お互いが殴り合いをしたため)

エグイ人種差別

アメリカの人種差別はエグイです。だからこそ、「年末に日本放送が放映したガキ使の浜田の黒人メイクが海外で人種差別だ!」とごちゃごちゃごにょごにょ議論されているわけです。

私からすると、失笑もので海外でこの種の論争に加わっている人たちは正直、馬鹿だと思います。

TIME誌だったか、このくだらないエピソードをいちいち取り上げごにょごにょほざいていましたが、「だったら、てめーらが向こうで日本人やアジア人に対してやっていることはなんなんだよ!それも平等に取り上げろやカスが!」と思いますね。

日常化している人種差別

アメリカにいると、黒人は普通に人種差別を受けています。ストリートで白人が黒人にNワードを連発し、黒人が切れて、殴り合いになっていたのを何度も見てきています。

また、同じアメリカ人(ヨーロッパからの移民)同士の中でも差別はあります。

これは人種差別とは言い難いですが、国による階級差別のようなものがあるわけです。たとえばですが、「アイルランド人は差別を受けてきた」という歴史があります。
カントリー音楽の発祥はレッドネック(白人の敗残者(Loser)※)からだといわれています。

※私はレッドネックと言われる労働者階級の人の方が親切な人が多かったので、Loserはむしろそういう差別を日常的にしている人間だと思っています。

私からすると、そういう労働者階級の人を馬鹿にしている人間たちがLoserなのですが・・・。(呆れ顔)

被差別者がさらに差別を繰り返す

そして、その差別を受けてきた被差別者がアジア人をまた差別します。負の連鎖です。こんなことを繰り返していたのでは意味がない。

生意気な子供がお母さんに叱責されて、そのはけ口を他の弱そうに見える子供に見つけ、いじめるのと同じ論理です。

つまり、人種差別をしてくる人は知能指数が小学生レベルだということです。(相手にしていてもキリがない)

実際に、最近の有名大学の研究論文で人種差別をする人間は知能が低いということが報告されています。

Bright minds and dark attitudes: lower cognitive ability predicts greater prejudice through right-wing ideology and low intergroup contact.

思っても言ってはいけない、やってはいけない、そういう衝動をコントロールできない人は前頭葉という脳の機能が低下しています。(IQの低下)これは、前頭葉の機能検査が主に「してはいけない」課題を調べるものであることを考えればわかります。

人種差別対策:

そういう意味で、海外で生活する場合ですが、「大人にならないとダメ」です。

しかも、「どんなことを言われてもどんなことをされても、平然と受け流すだけの度量」が必要です。

「あ、そう、勝手にどうぞ」と、どんなことが起きても受け流してしまう。

時には怒り狂うとよい

私は反抗的な態度を取り続けてきましたが、それはそれだけのことをされたからです。しかしながら、やり過ぎだったとは思いますが、その態度のおかげで生きてこられたのだと思います。

何か嫌がらせをされて、泣いたり悩んだりするような人は強くなってください。

私は一度も泣いたことも落ち込んだこともありません。

代わりに、キレていました。

切れやすい、反骨精神が旺盛な人の方が、外国に非常に向いています。

何故かというと、海外では差別もガチでエグイからです。たとえば、イギリスのTV番組が原爆被害にあった人を揶揄ったブラックジョークを流したことがあります。日本人の感覚からすると考えられないことですが、結局、そういう人たちが多い人種だということです。

普通の人ならトラウマになるようなことを普通にされ精神的なショックを受けるでしょうが、反骨精神が旺盛な気骨な人、攻撃的な人、気が強い人は何をされても何を言われても泰然と構えることができるのです。

余談ですが、「海外で長期滞在し差別に会ったことがないという人」がたまにYahoo知恵袋で回答していますが、長期滞在をしていた私から見れば、「嘘をついているか、妄想厨」だと思います。

差別は無視が一番

差別は無視が一番です。

上で述べましたが、差別をしてくる人間ばかりではありません。親切で善良な人も多いです。海外生活は疑心暗鬼になりがちです。これはどこの国の人間でも同じだと思います。しかし何かことが起きるごとに疑心暗鬼になったり、差別なのではないかと考えると疲れます。

時間の無駄です。

だから、鈍感になってほうがよく。実際に差別を受けようが、受けなかろうが、何が起ころうとも「中二病乙!」で無視して放置です。

中二病乙(Tyuunibyou Otsu!)と日本語でいって、おしまいです。細かいことが気にならない性格の人が現地へすぐに適応するのはこのためです。

まとめ

そもそも人間の遺伝子には同族を保護するようにという同族びいきの書き込みがされています。ですので、人種差別の意識は誰にでもあるものです。しかしながら、それを表沙汰にするしないは、当人の頭のレベルに依存します。知能が高ければ、表沙汰には決してしないでしょう。

品のない自分の衝動をコントロールできないような人の相手はしないに限ります。海外で人種差別にあっているかたは、このことを心に刻まれてください。